小児歯科 築地で歯科 小児歯科治療をご検討なら築地駅前徒歩0分、勝どき 佃 月島からも徒歩圏内のこばやしデンタルクリニック 。

こばやしデンタルクリニック
東京都中央区築地3-4-7 2F 日比谷線築地駅スグ TEL:03-5565-1876
こばやしデンタルクリニックのトップページ
医院のご紹介
治療内容
一般治療
インプラント治療内容
ホワイトニング
審美歯科
歯周治療
金属床義歯
小児歯科
口腔外科
矯正歯科
クリーニング
関連医院
ITDN-TOKYO
つきしま歯科
アクセス
お問合せ

◆携帯電話向けホームページ◆
こばやしデンタルクリニック 築地 モバイルサイトは
こちらからアクセス!

http://katy.jp/kobadental/


築地の小児歯科 東京都中央区築地3-4-7 2F 日比谷線築地駅スグ TEL:03-5565-1876 こばやしデンタルクリニック 小児歯科
こばやしデンタルクリニック 小児歯科
小児歯科では
小児歯科は、おおむね乳幼児期から、永久歯が萌え揃う学童期まで(12〜13歳)を対象としています。
虫歯の治療をはじめ、虫歯の予防処置、永久歯の歯並び、噛み合わせが正しくなるように指導や予防処置(シーラント、フッ素塗布等)を行います。

子供の最初の歯は通常、生後6カ月までに生えはじめ、3歳までに20本の乳歯が完全に生えそろうのが普通です。乳歯は、子供の身体・健康にとって大切なの物である事は言うまでもありませんが、これから生えかわる永久歯にとっても重要な意味を持っています。

歯科医院では、ただ単にお子さんの虫歯を治療するだけではなく、お子さんの健やかな成長を歯科医師の立場から支援し、「お母さんといっしょに、健康で丈夫な美しい歯を育てていきたい」 と考えています。
乳歯が生えてきたら
歯みがきをはじめるとき:
生後6ヶ月を過ぎると、乳歯が生えはじめます。このときから、歯みがきが必要になります。
最初は前歯しか生えていないのでガーゼ等でふく程度でも大丈夫ですが、 授乳をしたまま寝かせないことがポイントです。

歯みがきが、自分である程度できるようになっても、 8〜9才くらいまではうまくみがけないので、汚れをきれいに落とすために、仕上げみがきが必要です。
仕上げみがきは、とくに歯と歯ぐきのさかい目、歯と歯のあいだ、歯のかみ合う溝のなかに、汚れがたまりやすくなっているので注意してください。
歯ブラシは、ヘッドが小さく、毛先の短めのものを選びましょう。みがく順番を決め、みがき残しのないようにしましょう。
  
【むし歯のできやすいところ】
上顎前歯の歯と歯肉の境目
1歳6ヶ月から3歳まで
1歳6ヶ月になると、上下の前歯12本と奥歯4本の乳歯が生えてきます。
また保健所での1歳6ヶ月健診があります。このとき、心身の発達をチェックしますが、歯についても、生えている歯の数と種類、むし歯 や汚れの状態、かみ合わせの状態などをチェックします。
この時点でむし歯をもっているお子さんは少ないのですが、3歳児になると、むし歯がとても 増えています。このあいだに、とくに気をつけてほしいのは、食生活です。甘いお菓子やジュース、清涼飲料水などを、だらだらととらないようにしましょう。

また、歯科医院で健診と相談をしてください。むし歯がないうちに、歯科医に健診を受けましょう。むし歯になってから歯科医院に行くよりも、一本もむし歯が ないときから相談し、食生活の改善や歯みがきの指導を受けてください。
  
【むし歯のできやすいところ】
上顎前歯の歯と歯の間
3歳のころ
3歳になると、3歳児検診があります。歯の健診も、歯科医が20本の乳歯が生えそろい、かみ合わせが きちんとできているか、またむし歯になりやすいのか、などをチェックします。

3歳児のむし歯の状況をみると、これから先の歯の状況を予測することができます。
また、ホームドクターをつくりましょう。信頼できるかかりつけの歯科医をもち、定期的に検診を受けることで、適切な指導を受けたり、わからないことを 気軽に相談できます。
初めて永久歯の生える6歳
6歳ごろになると、乳歯の奥歯のさらに奥に最初の永久歯が生えてきます。 この歯の名前は、第一大臼歯で、一番大きくかむ力が最も強い大切な歯です。

また6歳ごろに生えるので「6歳臼歯」とも呼ばれます。 6歳臼歯は、最も大切な歯なのに、むし歯になりやすい歯です。それは、奥に生えてくるので最初は気がつきにくい、歯のかみ合わせの面の溝が深くカスがたまりやすい、 奥に生えてるので歯みがきがしにくい、生えたての歯は歯質が未熟なためむし歯になりやすいからです。

6歳臼歯のむし歯の予防には、本人、お母さん、歯科医の協力が必要です。念入りにみがき、みがき残しのないよう注意します。それとともに 歯科医に予防をしてもらいましょう。生え方に合わせて、フッ素をぬってもらいます。また、 ・6歳臼歯がなかなか生えない・6歳臼歯が痛い・前歯がななめに生えたりかみ合わせがおかしい・永久歯の形や色がおかしい  こんなときは歯科医に相談してください。
小児歯科では
Q1: 生えはじめの歯はなぜむし歯になりやすいのでしょうか?
A: 歯は、唾液に含まれているカルシウムやリン、フッ素などが、表面のエナメル質からとけこんで、 次第に硬くなります。また歯の内部でも変化がおこってきます。ですから生えはじめたばかりの歯は、未完成な状態なのでむし歯になりやすいのです。
Q2: 歯ブラシはどんなものを選べばよいでしょうか?
A: お子さんが、口のなかで歯ブラシを自由に動かしやすい大きさで、使いやすく、力を入れてみがけるような 小さめなサイズで、毛先も短めなものを選びましょう。わからなければ歯科医に相談してください。
Q3: フッ素はどんなはたらきをしますか?また、いつ頃ぬるのでしょうか?
A: フッ素には硬くて丈夫な歯をつくるはたらきがあり、むし歯になりにくくします。フッ素を塗る方法の他に、 口をゆすぐ方法、フッ素入り歯みがきを使う方法などがあります。
塗る時期については、歯が生えてきたときから塗りはじめてよいのですが、年齢に応じた 利用法がありますので、歯科医によく相談してください。
Q4: おやつにはどんなものがよいのでしょうか?
A: お子さんの身体と歯の成長を助けるものを選びましょう。できれば歯につきにくいものにしましょう。
こばやしデンタルクリニック 小児歯科
     
     
Copyright (C) 2006 KOBAYASHI DENTAL CLINIC, All Rights Reserved